生活に欠かせないコンタクトレンズ


「コンタクトレンズ」をしている人はきっと年々増加していると思います。
私も高校生の時からコンタクトレンズを使用しているのでもう10年以上使用しています。
コンタクトレンズにもいろいろな種類があり大きくハードレンズとソフトレンズにわけられると思います。
使用する時間や用途によっても電卓できると思いますが言葉どうりソフトレンズはやわらかく目にいれやすいのから初心者の人はだいたいソフトレンズが多いかもしれません。
ハードレンズはスポーツをする人などによいと聞きましたが私も一度使用してみたときはあまりの堅さに驚き、なかなか違和感や痛みになれずの断念していまもずっとソフトレンズを使い続けています。
目が乾燥したすいので最初は二週間交換だったものが今ではワンデイといって1日使い捨てのレンズを使用しています。
衛生面では安心だし潤いもあるのでとてもよいのですがやはりコスト面では一番かかってしまうかもしれません。
今はカラーコンタクトや瞳を大きく見せる効果があるというレンズなどいろいろな種類のレンズがでていて驚きます。
カラーコンタクトはとても目がきれいになり不思議な感じがすると思いますが私はまだ試したこともありません。
瞳が大きくみえるレンズも一度使用してみたいですが本当に大きくみえるのならうれしいことだと思います。
 コンタクトレンズを作るにもまずは併設されていたりする眼科できちんと目の状態など検査してもらう必要があります。
視力をはかったり目の状態をみて大丈夫だったらはじめてコンタクトレンズデビューできますが最初に眼鏡をはずしてコンタクトレンズでまわりの景色をみたときは私も嬉しくなったことを思い出します。
今はレーシックなどの手術も始まって成功するともう眼鏡もコンタクトレンズも必要なくなるかもしれませんね。
でもやはり手術は怖いしお金もかかるので私も当分は眼鏡とコンタクトレンズを併用して使っていくと思います。
どんなコンタクトレンズでもやっぱり使い方をまちがってないけないので装着方法や洗浄などのお手入れなどきちんと行わないと目に負担がいってしまう怖さがあると思います。
目に直接いれるものなのでやはり清潔でなくてはいけないので指示された洗浄方法や使い方を守らなければいけないと思います。
乾燥しやすいので目薬などで潤いも必要です。
どんなに酸素の透過性がよいレンズでも裸眼に比べると装着しているときは角膜に負担がいくそなので注意しなければと感じます。
正しく使えば生活の中でとても欠かせなくて美容面や運動するときなどいろいろな面で役立つのがコンタクトレンズの良さだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*