ずっと使いたいコンタクトレンズ


私が初めてコンタクトレンズを使用したのは高校生になってからです。
視力は小学校高学年からだんだんと悪くなり、日常生活は大丈夫なものの授業中は黒板が見え辛く、授業中だけメガネを使用していました。
しかし、思春期真っ只中です。
メガネをつけた方がメガネをつけない時より可愛いのなら喜んでメガネをつけますが、不幸なことにメガネの似合わない顔だったので、メガネをつけている姿はクラスメイトに見られたくなく憂鬱なものでした。
中学生になると同級生の中でもコンタクトレンズを使用している子が何人かいました。
小学生の頃より視力は悪くはなっていましたが、まだ日常生活でメガネ無しで大丈夫な程度だったのでコンタクトレンズを使用しようとは思いませんでした。
しかし高校受験の影響でしょうか、高校生になった頃にはぐんと視力も悪くなりました。
日常生活も矯正なしでは危ない程度だったので、ついにコンタクトレンズを使用する日が訪れたのです。
高校生になるとコンタクトレンズを使用している子も中学生の頃よりずっと多く、コンタクトレンズを使用する不安感は全くありませんでした。
むしろメガネよりコンタクトレンズをしている方が大人になったような感じがして、コンタクトレンズを使用する自分にワクワクしました。
それでもいざ眼科へ行って、コンタクトレンズを使用するための色々な目の検査をしていると、初めての目のしっかりとした検査にドキドキしてきました。
そして練習用のコンタクトレンズを渡され、目に初めてつけてみようとすると怖くて全然つけられないのです。
今となっては全く怖いことなんて無いので、当時のことを思い出すと可笑しいのですが、目に何かものを入れるという経験は無かったので、コンタクトレンズをつけるのもそれはそれは緊張したのです。
しかし、慣れてしまえば何てことはありません。
快適な生活です。
学生の頃はよく、横になりながら漫画を読んでいたのですが、メガネだとずれてきたりして結構不快でした。
でもコンタクトレンズならずれません。
そして何より嬉しかった事は、やはり見た目がメガネよりずっと良いことです。
ちょうどアイメイクも力を入れてきた年頃だったので、カラコンに憧れているので本当にメガネからコンタクトレンズにして良かったと痛感しました。
何となくですが、コンタクトレンズをすると裸眼より目を見開くのか目が大きくなるようにも思います。
日々の手入れなどはメガネより必要ですが、これも慣れです。
今はレーシックなどの矯正方法もメジャーになっていますが、心配症の私はまだまだコンタクトレンズを愛用したいと思っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です