代表的な天然石が持つ意味を知って運気が上がる石を身に付けよう

2月の誕生石アメジストは愛の守護石

美しい紫色が特徴的なアメジストは、指輪やブレスレットとしても人気の天然石です。高貴な雰囲気から、宗教的な儀式で使われることも多かったようです。アメジストは2月の誕生石でもあり、愛の守護石とも呼ばれています。神秘的に輝くアメジストには、愛を守り抜くという意味合いがあるのです。恋愛成就の運気を上げる石として、片思いが叶うように願いを込めて身に付ける人も多いです。海外でもアメジストは、「素敵な恋人を招き寄せる石」として人気を呼んでいます。アメジストには恋愛成就以外にも、ストレスを緩和して気持ちを落ち着かせる力もあるとされています。スピリチャルなパワーが強く、ネガティブな感情をポジティブに変えてくれる石なのです。不眠症の人は、枕元にアメジストを置いて眠ってみましょう。安らかな眠りにつくことができるはずです。さらにアメジストは、直観力や創造力を高めたい人にもおすすめの天然石です。

視野を広げ創造力を発揮するという意味を持つオパール

おしゃれなリングの天然石としても人気のオパールは、アーティストにおすすめの石でもあります。オパールは、今時点よりも視野を広げるという意味を持ちます。そして斬新なアイデアや創造力が生まれる可能性を高めてくれるのです。これから何か新しいことをしようとしている人や不安を抱いている人も、オパールを身に付けると良いでしょう。優しい光を放つオパールは、人生の暗闇を静かに照らしてくれます。何かしら生きることに疲れたり道を迷ったりしたときに、明るい方向へと導いてくれるはずです。つい忘れがちな柔軟な心へと導き、幸せを引き寄せてくれる石なのです。オパールほど明るく幸せなエネルギーが潜んでいる石は、ほかにはないと言われています。

情熱と勝利を呼ぶ石として魅了されるルビー

別名宝石の女王とも呼ばれて華やかに輝くルビーには、情熱や勝利という意味があります。奥に秘めた官能的な情熱を高めるとも言われ、恋のお守りとして昔から知られています。ルビーは権力の象徴として、古代から皇帝で貴族らが身に付けていた石です。カリスマ性を高めて勝利へと導く力があるので、仕事で成功したい人も身に付けると良いでしょう。組織でのチームワークを円滑にする作用もあるので、チームで行う仕事に携わる人はパフォーマンス向上につながるとも言えます。美しい赤色はアクティブなエネルギーを与えてくれるので、人生において積極的になりたい人にもおすすめの石です。